クリスタルヒーリング

然界での動物は病気になると、自然界に存在する植物などを食べることで、自己治癒力や自然治癒力で自分を癒し治そうとします。

伴侶動物の為のクリスタルヒーリングは、自然界に存在し、地球の土台となる鉱物「クリスタル」を使い、自己治癒力、自然治癒力を高め、心と身体のアンバランスを整えるヒーリングです。

 

心や肉体になんらかの不調をきたしている人間や動物には、エネルギーの流出の少ない場所や過剰な場所が見つかり、アンバランスになっています。

 

そのアンバランスを「チャクラ」の状態で確認していきます。

 

「チャクラ」とはエネルギーの出入り口のことです。サンスクリット語で「車輪」を表す言葉で、人間の生命や肉体、精神の働きをコントロールする、非常に重要なエネルギー(東洋では「気」、古代インドでは「プラーナ」)が出入りします。

 

この「チャクラ」というエネルギーセンターは、外界と体内の気のエネルギーの交換を行い、体内で気がめぐる節となっています。

 

ヨーガや瞑想、各種のヒーリングなどをする時には、このチャクラに意識を集中して、外界から良好な気のエネルギーを取り入れます。ヒーリングにおいてとても大切な場所です。

 

チャクラが開いて正常に働いていれば、人間も動物も心身共に健康で、エネルギーに満ちあふれ、直感が冴えるなど脳が活性化されます。しかし、チャクラが閉じバランスが悪くなると病気をすると考えられています。

 

人間には主要なメインチャクラが7つ存在します。動物にも同様に7つの主要なチャクラが存在しますが、それとは別に「前腕の部分に、7つの主要チャクラ全てとつながりを持っている特別なチャクラ」が存在します。

 

*マーグリット・コーツ(アニマルヒーラー)がブラキアルチャクラと名づけています。

 

 

 

主要なチャクラは、神経とリンパが集中する部分の近い場所にあります。

 

背骨に沿って体の背側と腹側それぞれのチャクラから、「気」「プラーナ」のエネルギーが螺旋のように渦を巻いて出たり入ったりしていると言われています。

 

心身のコンディションで右回り又は左回りに回転し、チャクラのエネルギーバランスがよければ右回りにエネルギーが体内に入っていきます。

 

肉体的または感情的にアンバランスであれば左回りにエネルギーが体内から流出している状態です。

 

これらのエネルギーの流れのバランスをとる為に「クリスタル」を使ったヒーリングは大きな力を発揮します。

 

たった1つのクリスタルを動物の体の近くに配置するだけで、クリスタルはそのエネルギーを必要とする体の部位に自然と働きかけてくれます。

 

クリスタルでエネルギーの滞りを取り除き、整え、本来持っているエネルギーを最大限に引き出すことで、自己治癒力、自然治癒力を高めるお手伝いをしていきます。

 

日々の健康管理だけでなく、高齢や療養中の伴侶動物が健やかに過ごせますよう、痛みや苦しみの軽減、トラウマや問題行動のサポートなど、心身共に「バランスのとれている状態」を保つことに役立ちます。



なぜクリスタルを使うのか

地球の土台となる物質「クリスタル」は、私たち人間を含む、動物の体の構造とクリスタルの構造との関係が深く、身体を構成している物質と多くの共通点があります。

 

双方が共鳴し合うことができ、肉体や心、精神に優しく働きかけ自然治癒力を活性化する作用がある自然物なのです。

 

またクリスタル(水晶)は私たちが日頃使用するスマホやPC、宇宙に浮かぶ衛星にも、水晶チップが使用されています。

 

不安定な物質エネルギーを安定させる為に水晶が使用されています。それくらい安定したエネルギーを放っているのです。

 

古代では石も粉末などにし医薬品として使われていたそうですが、現代欧米では代替療法としてクリスタルの活用・研究が盛んに行われています。

 

動物は、私たち大人の人間と違い、赤ちゃんの様にメンタル体のバリア機能が薄くシンプルで、先入観無く自然物のエネルギーを素直に受け取っています。

 

伴侶動物たちは、その時必要か必要でないか等、とてもシンプルです。

 

また宇宙からの恩恵を自然に受けとりながら生活をしている動物たちは、クリスタルを近くに配置するだけで、そのエネルギーをしっかりと受けとってくれるのです。

 

私達に毎日癒しと喜びをプレゼントして下さる伴侶動物さんが、心身共にリラックスし、健やかで安定した最高に幸せな時を過ごしていただけるよう、サポートができましたら幸いです。

 

*クリスタルヒーリングは病気や症状を治すものではありません。

 

ヒーリングとは?

エネルギーヒーリングとは、

まず自分の体に宇宙のエネルギーを通し、

次に手を通じて相手の心身を癒すことです。

 

エネルギーヒーリングというと、

とても難しく感じたり、馴染みが薄いように

感じられる方も多いと思いますが、

幼い頃、転んだりお腹が痛くなった時に、

おばあちゃんにさすって貰っただけで

何故か痛みが無くなったとい

経験はありませんか?

「痛みを無くしてあげたい!」という気持ちが

生み出したエネルギーが手から出たことで、

痛みが緩和されたのだと考えられます。

 

このようにヒーリングは、

特別な人だけが行えるものなのではなく

誰もが行えることなのです

 

 ヨーロッパではハンド・オン・ヒーリングの

保険適用が実施されている等、

プロによるエネルギーワークがごく自然に

医療現場で取り入れられています。